オリゴ糖はビフィズス菌を増やす

ビフィズス菌は口から摂取するだけでは胃酸に弱いために生きたまま腸まで届かせることが少し難しいということがわかっています。またビフィズス菌というものはストレスや偏食、運動不足などによっても減少していきやすいものであります。そこで必要となってくるものがオリゴ糖なのであります。

なぜならオリゴ糖はビフィズス菌のエサなのであります。そのために腸内にオリゴ糖が入ってくるとそこにもとから住みついていたビフィズス菌はオリゴ糖を食べて増殖していくというわけなのです。そもそもオリゴ糖とは糖の一種でありながらもお砂糖とは違います。その違いとしてはオリゴ糖は胃や小腸などで吸収されずに大腸で吸収されるという点であります。そのためにビフィズス菌との関係が生まれるのです。

口から摂取するだけではなかなか増えてくれないビフィズス菌なのですがオリゴ糖というエサがあれば簡単に増殖してくれるのです。そういうわけでビフィズス菌がオリゴ糖のおかげで増えて腸内環境が良くなり維持することが出来るのであります。ビフィズス菌は年齢を重ねるにつれて少なくなってしまうのが現実です。なのでオリゴ糖は積極的に摂取するようにした方が良いかとは思われます。