便秘とビフィズス菌の関係

便秘に悩まれている方は多くおられるかとは思います。そんな便秘を解消させる手段として有名なのがビフィズス菌などの乳酸菌を摂ることではないでしょうか。そもそもビフィズス菌とはヨーグルトなどの乳製品に含まれていることが多い乳酸菌の一種でありからだに有効な菌の一種となっております。ビフィズス菌は腸の中にある菌の中でも善玉菌であり健康に良い働きをしてくれるものなのです。そんなビフィズス菌は腸の中でも最も多い善玉菌として有名なのであります。

気になる便秘との関係なのですが、ビフィズス菌が引き起こす善玉菌のはたらきとしては炭水化物を体に無害な酢酸や乳酸に分解してくれます。このビフィズス菌のはたらきによって出来た酸が腸に働きかけてくれて便秘を解消することが出来るというわけなのです。

そんなビフィズス菌は毎日食べることによってより効果をもたらすことができます。なぜならせっかく腸をキレイにしてくれるビフィズス菌ですが生きたまま腸まで行く確率というのはかなり低く生き残ることは難しいとされています。なので確実に乳酸菌を生きたまま腸まで届かせるための方法としては毎日ビフィズス菌を摂ることによってビフィズス菌自体を育てるといった原理です。

ですがそんなビフィズス菌を増やしてくれるステキな成分が更にあります。それはオリゴ糖です。オリゴ糖がビフィズス菌にもたらす役割や摂取しやすくする方法について次から説明していこうと思います。